家族葬に参列するときのマナー

最低限の葬儀を補償する家族葬

“昭和以前までの葬儀は、親族や近所の人皆が助け合って執り行ってきました。それが当たり前の社会であり当然の風習だったのです。時代が流れ、人口の都会への一極集中が進むにつれて葬儀は大きく変遷を遂げてきました。核家族化による弊害で近所付き合いが少なくなり、葬儀会社を中心となって執り行うのが主流になってきたのです。そして今日では、一部の親しいものだけで執り行う家族葬が少しずつ増えてきています。この家族葬は、まさに現代の日本社会を象徴している葬儀です。なるべく費用をかけたくない、面倒な人付き合いを避けたい、あまり大袈裟にしたくない、そんな常々感じていた葬儀に対する不満を解消する為に生み出されたものです。人が生きていく中で最も大切な人との触れ合いを軽んじている所が特徴的です。このような負の面を強調する家族葬は、時代の流れからして致し方ないものがあります。全ての人が何不自由なく毎日を暮らしているというわけではありません。人付き合いの苦手な人や家計が苦しい家庭が存在することも事実なのです。そんな人達の救いとして家族葬は存在しているのです。少子高齢化が進む日本では家族葬は無くてはならない葬儀です。どんな人にも最低限執り行える葬儀として重要視されているのです。

損をしない家族葬の選び方